充血していては、デートも面接もきっと駄目♪
「お目目がまっかっか!」ってなんだかウサギさんみたいでちょっと可愛い…。
なんて、いわゆる充血の知識って、そんな女子学生レベルの認識しか持っていなかった私だったのですが、ある日、残業をたっぷりして帰宅し、お風呂で見た私の瞳は、まるでそんな可愛いものではなかった(笑)ガーン!

「え〜なにこれ〜。私の目、血走ってる…。」
いわゆる充血だけど、これは充血じゃないわ。まさに血走ってる(ショックぅ)…。

私は決して美人というタイプではない平々凡々な感じなんだけど、人間、目が血走ると、ショックなほど、貧相になるんですね…。貧相?う〜んちょっと違うわね、なんだろう。幸薄そうな上に粘着タイプな人間に見えるという感じかな〜(怖っ)。ひゃ〜、みなさんも家にかったら、ちょっと確認してみたほうが絶対良いよ〜。充血があるだけで、半端なくビジュアルレベルがダウンしちゃうようです…。特に面接とか、デートとか、ケーキ食べに行く日とか、そんな大切な日の朝は要チェックです。
qZjEn7AIfvgmioe1486724004_1486724246


充血は、目の血管がふくらむから起こる!
それで、さすがに気になってしまって、充血のことを調べてみました!そこでわかったのは、充血というのは、目の中で出血が起きているわけではないらしいということ♪実は、瞳の白い部分にも血管があって、なんらかの理由でこの血管がふくらむと、赤く見えてしまう(充血する)んだって。ちなみに、血管がふくらむのは、ゴミや細菌を排除するための炎症が起きたときや、疲労の回復を目指して血液量が増える場合だそうですよ〜。なんとなくなっとく〜。


充血から救う王子様、ナファゾリン♪
ここまで理由が分かれば、あとは対策、対策!もちろん、残業もほどほどにして疲労を溜めないのが一番です♪ごめんでもでも、いざ充血してしまったら、その血管を収縮される目薬をさすのが一番♪そのなかでもナファゾリンという贅分はとても有名のようですよ〜。なんでも、あのアドレナリンよりも強い血管収縮の作用があるようで、ササッと充血を除去してくれるだけでなく、長時間にわたってそれを維持してくれる優れもの♪ありがたいわ〜。


充血除去はもちろん、ドライアイ対策も♪
そして、どうせ目薬を買うならと、さきほどのナファゾリン配合のもの色々調べた結果、私が最終的にたどりついたのは、モデルアイズ・トータルレッドネスリリーフという目薬だったのです!成分の効果を上げるといった働きや、瞳に潤いを与え乾燥を防止してくれる作用を持つグリセリンという成分が入っているのが決め手となりました。充血対策とドライアイを同時ケアってわけです!
なにはともあれ、まずは、自分の瞳の充血チェックからはじめてみることをおすすめします。驚きますよ…きっと♪



スマドラといえばピラセタム

フェニルアラニンはスマドラでしょ。

【アニラセタム】はピラセタムで物足りない人向けですよ~

【オルリファスト】(ゼニカル)は、ダイエットの王道ですよ!でもクセがあるんです。

禁煙をするのにニコレットガムってどうかな?

NTグレイン(カフェルゴット+アセトアミノフェン+プロクロルペラジン)

頭が良くなるスマドラ ピラセタム

GkL_1mHxlepwqhv1486367781_1486368264